義歯(入れ歯)|深谷市で歯科をお探しの方は神山歯科医院まで

義歯とは

イメージ画像

義歯は失ってしまった歯を補うことができる一つの方法です。歯を全て失ってしまった方には総入れ歯、一部の歯を失ってしまった方にはブリッジなど、歯を失った本数や場所によって様々な種類の義歯をご用意しております。食べ物をしっかりと噛める喜びや、会話をする喜びを取り戻せるよう努めておりますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯について

保険診療の入れ歯の特徴

保険診療の最大のメリットは、安価に入れ歯を作製できることです。噛むことや残った歯を新たに支えることができるようになるので、必要最低限の生活を取り戻すことができます。しかし安定性が悪く、食事や会話の途中で外れてしまうこともあり、充実した生活を送るには多少難があることが現状です。

自費診療の入れ歯の特徴

自分の好きな材料を使用し、安定性のある入れ歯を作製することができます。しっかり噛むことができますし、違和感も感じづらいので日常生活をより良く過ごしていただくことができます。しかし、保険適用の材料や作製方法を使用していないので、治療費が高額になってしまうことが懸念されます。

入れ歯の種類

保険診療の入れ歯

レジン義歯(総入れ歯)

イメージ画像

最も一般的な入れ歯のひとつで、床の部分がレジンという歯科用プラスチックで作られているのが特徴です。強度を高めるために床を厚く作られているのですが、そのせいで違和感や痛みを感じることが多いと耳にします。

クラスプ義歯(部分入れ歯)

イメージ画像

クラスプというバネを残った歯に引っかけて固定する部分入れ歯です。安価に作製することができますが、残った歯の負担が大きく、バネが舌や唇に引っかかってしまう可能性もあります。

自費診療の入れ歯

金属床義歯(総入れ歯)

イメージ画像

床の部分が金属で作られている入れ歯です。金属なので薄くつくっても耐久性を保持することができ、装着時の違和感を感じづらいのが特徴です。また、熱伝導率が高いので食べ物の温度を感じることができ、食事をより一層楽しんでいただくことができます。

磁性アタッチメント義歯(総入れ歯)

イメージ画像

入れ歯と残っている歯を磁石で固定する入れ歯です。安定性があるので、硬い食べ物をしっかりと噛むことができます。磁石で入れ歯を固定するので、残った歯に負担をかけることが少なく、着脱が容易でメンテナンスにも優れています。

テレスコープ義歯(部分入れ歯)

イメージ画像

残っている歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着する方法です。クラスプを使用していないので、舌や唇を傷つける心配がなく、残った歯への負担も少ないのが特徴です。

入れ歯における噛み合わせの重要性

イメージ画像

噛み合わせは人間にとって非常に重要な役割を担っており、その位置がズレてしまうと頭痛や不眠症、倦怠感を引き起こしてしまう場合があります。また、近年の研究結果により、噛み合わせの悪い入れ歯を使用していると認知症になる可能性が高いということも分かってきています。入れ歯は単に食事や会話を円滑に行うための道具ではなく、健康な生活を送っていくための身体の一部です。当院では患者様にご満足いただけるように、最適な治療法をご提案しておりますので、お困りの方はお気軽のご相談ください。

メンテナンスについて

加齢などによって口内の状態は日々変化し、長期に渡って入れ歯を使用していると違和感を感じる場合があります。また、自身での口内ケアのみでは清掃が行き届かず、思わぬところに病気の巣を作っている場合があります。健康な歯・口内を保っていくためには、定期的な歯科医院での調整や口内クリーニングが必須とされていますので、入れ歯を作製した後も歯科医院でしっかりとトータルケアを行いましょう。