審美歯科|深谷市で歯科をお探しの方は神山歯科医院まで

審美歯科とは

イメージ画像

審美歯科は歯や歯ぐき、お口元を美しく見せるための診療科目です。ここでは、むし歯を治療した際に埋めた銀色の詰め物や被せ物を目立たない材料に変えたり、歯の色や大きさが気になるという患者様には、セラミック製の人工歯を作製することができます。当院では、ただ見た目の良いお口元にするだけでなく、機能性も重視した治療を行うことを目標としており、患者様のQOL向上のために邁進しております。

保険診療と自費診療について

保険診療の特徴

保険診療は国の定めた治療法と材料で診療を行う必要があります。そのため、患者様は治療費の負担が少ないことが特徴です。しかし、必要最低限の治療がほとんどですので、時間が経過すると詰め物・被せ物が取れてしまったりと耐久性が脆く、審美性も低いのがデメリットです。

自費診療の特徴

自費診療では最新の治療や優れた材料を使用しての診療を行うことができます。しかし、保険適用の診療でないため、治療費は全額負担となり高額になることが多いです。ただ、安価の治療を繰り返すよりも高額ですが、一度で永く持つ治療のほうが、結果的に治療費を抑えることが可能です。

詰め物の種類 各々の特徴

保険診療の詰め物

コンポジットレジン

イメージ画像

金属を使用していない歯科用プラスチックです。その日のうちに詰め物が完了し、金属不使用のため金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使用で きます。しかし、プラスチックですので耐久性が弱く、長期使用すると変色の恐れもあります。

メタルインレー

イメージ画像

金属を使用している銀色の詰め物です。コンポットレジンよりも耐久性に優れていますが、見た目が悪いのが懸念されます。また、長期使用している と金属が溶け出し、歯ぐきに着色するのみではなく、金属アレルギーを引き起こす可能性もあります。

自費診療の詰め物

セラミックインレー

イメージ画像

陶器を使用している詰め物です。天然歯に近い透明感や色調を再現できる材料で、長期使用しても経年変化が少ないのが特徴です。しかし、天然歯よりも硬度が高いので、元の歯を傷つけてしまう場合もあります。

ハイブリッドセラミックインレー

イメージ画像

陶器と歯科用プラスチックを混ぜた詰め物です。セラミックインレーに比べると、多少色調や透明感は劣りますが、硬度がそれほど高くないので元の歯を傷つける心配がありません。

被せ物の種類 各々の特徴

保険診療の被せ物

パラジウム合金

イメージ画像

金属を使用した銀色の被せ物です。金属を使用しているので強度が高く、負荷のかかる場所でも使用することができます。しかし、長期使用すると金属が溶け出し、歯ぐきに着色したり、金属アレルギーを引き起こす場合があります。

硬質レジン前装冠

イメージ画像

前歯に被せ物を行う際に使用する材料です。表面はレジン、内側は金属で作製されているのでパラジウム合金よりも、自然な見た目になるのが特徴です。しかし、レジンは長期使用すると変色が見られますし、内側の金属も溶けだす可能性があります。

自費診療の被せ物

メタルボンド

イメージ画像

金属の土台に陶器を焼きつけてある被せ物です。金属を使用しているので耐久性があり、奥歯などの負荷の大きな場所でも安心して使用することができます。しかし、金属を使用しているので金属アレルギーをお持ちの方は使用することができません。

オールセラミッククラウン

イメージ画像

土台に金属を使用せず、陶器のみで作製した被せ物です。金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。透明感、色調も天然歯に最も近づけることが可能です。

ゴールドクラウン

イメージ画像

金合金で作られた被せ物です。耐久性があり、パラジウム合金よりも溶け出しづらいという性質をもっているので、二次的な症状を発症させる可能性が低いです。しかし、金属なので口を開けると目立ってしまうため、審美が優れているとは言えません。