歯周病治療|深谷市で歯科をお探しの方は神山歯科医院まで

歯周病とは

イメージ画像

「歯ぐきが長くなった」「口臭がきつくなった」「歯ぐきが腫れている」と感じた方は歯周病かもしれません。
歯周病は今や、30代~40代の80%がかかえている現代病であり、歯を失うきっかけとなっている病気です。歯周病は一度かかってしまうと自然治癒することはなく、時間が経過する分進行してしまいます。大切な歯や口内を末永く健康に保っていけるように、年単位で歯科医院に通った記憶がないと言う方は一度検診にお越しください。

歯周病の原因

歯周病は歯周病細菌が歯ぐきの内側に入り込むことで発症します。この歯周病細菌が入り込みやすい環境を作っているのが、磨き残しや喫煙、ストレス、食生活の乱れなど、主に生活習慣の乱れが、歯周病を誘発している原因となっています。

歯周病の進行

歯肉炎

イメージ画像

歯ぐきが腫れぼったい感じがします。歯周ポケットが広がって、歯垢がたまりやすくなっていますが、多くの人は症状に気づかないことのほうが多い段階です。

軽度の歯周病

イメージ画像

歯ぐきが腫れ、歯磨きをした際に時々出血が出る状態です。冷たい水が沁みたり、口内に違和感を感じる人が出てきます。この時の歯周ポケットは4㎜程度の深さです。早めに歯科医院で治療を受けて、早期に対処することが望まれます。

中度の歯周病

イメージ画像

歯ぐきが赤く腫れあがります。歯磨きをするとほとんどの確率で出血し、歯も長くなったように感じます。この時の歯周ポケットは4㎜~6㎜程度です。歯を指で押すとグラつくこともあります。

重度の歯周病

イメージ画像

症状の進行が進み、顎の骨の溶解が始まった段階です。歯のグラつきも大きくなり、最悪の場合、歯が抜け落ちる危険性もあります。この時の歯周ポケットの深さは6㎜以上です。天然歯は一度抜け落ちると、再度装着することが不可能ですので、症状が重くなる前に歯科医院にて治療を受けることをオススメします。

全身疾患の関係

イメージ画像

近年、歯周病が全身疾患を誘発する原因になっていることが解明されてきました。歯周病細菌を保持している口内で食べ物を咀嚼し、体内に取り込むこと、または、器官や血管から歯周病細菌が入り込むことで、肺炎や心疾患を引き起こす可能性があります。また、妊娠中の方が歯周病を患っている場合、低体重児や早産の危険性が高まることも報告されています。全身疾患の予防のために、まずは口内ケアから見直すように心がけましょう。

定期検診の重要性

イメージ画像

定期検診を受けるメリットは、症状を早期に発見し治療することができることです。早期治療ができれば、治療費も安価で済み、治療期間も短くて済みます。患者様の中には口内に異常がなかった場合は損とお考えの方もいらっしゃいますが、定期検診を受けずに進行した歯周病を治療するのには治療費も時間も大変かかります。トータルで見ると治療費も安価で、何より天然歯を健康に維持するためには定期検診を受けていただくのが一番費用対効果が高い方法だと言えます。

治療終了後に注意すること

治療完了後はできるだけ歯周病が再発しないように、生活習慣から見直していただくことをオススメしております。禁煙の方法や食生活の改善、歯ぎしり、噛み締めなどについてのご相談も受付ておりますのでお気軽にご相談ください。