小児歯科|深谷市で歯科をお探しの方は神山歯科医院まで

「一生自分の歯で食べよう!」 歯を守るには子供のころからのケアが大切

イメージ画像

乳歯が生え始めたら、歯科検診に行きましょう。
お口のケアを始めるのに、早すぎることはありません。
お子様によって成長に差はありますが、生後6か月頃が目安です。
歯科医院の雰囲気に慣れてもらうためにも、人見知りが本格的に始まる前の歯医者さんデビューをおすすめしています。
年齢に合わせたケアで、お子様の歯を守りましょう。

子供のむし歯の特徴

イメージ画像

子供の歯は、むし歯になりやすく、一度なってしまうと急速に進行します。
大人の歯と比べて、エナメル質が薄く柔らかいので、むし歯菌が作り出した酸に溶けやすいからです。

乳歯がむし歯になると、永久歯もむし歯になる可能性が高くなります。歯並びが乱れ、かみ合わせが悪くなるなどお口全体にも悪い影響をもたらします。

顎の発達が遅れたり、発声や笑顔に自信が持てず精神的に不安定になったりすることにも繫がります。

効果的なむし歯予防のためには、ご家庭での適切なケアと、歯科での定期検診&プロケアの併用がおすすめです。
お子様の心身の健やかな成長のためにも、お口のケアにしっかり取り組み、むし歯ゼロを目指しましょう。

年齢別 お子様のむし歯予防

6か月~1歳

イメージ画像

生え始めの乳歯はむし歯になりやすいので、丁寧にケアしましょう。

お子様のお口の健康を保つためには、むし歯を発症させないことが一番です。

お口の中に歯ブラシが入るのを嫌がる赤ちゃんもいますので、まずは、綿棒やガーゼで、優しく汚れをふき取ることからはじめます。
慣れてきたら、赤ちゃん用の歯ブラシを握らせてあげるといいですね。

仕上げは赤ちゃんをあおむけに寝かせて専用の歯ブラシで磨く、「寝かせ磨き」をおすすめしています。

気を付けたいのが、哺乳瓶でミルクやジュースを飲みながら寝てしまうこと。就寝中は唾液の分泌が減り、むし歯菌が繁殖しやすいため、「哺乳瓶う蝕」になるリスクが高まりますので注意が必要です。
味覚が発達する時期ですので、糖分の多い飲み物ではなく、白湯や麦茶を選ぶようにしたいですね。

小さな頃からの歯磨き習慣で、むし歯を予防しましょう。

2~3歳

イメージ画像

ほとんどのお子様は、3歳ごろまでに乳歯が生えそろいます。
「食後と寝る前に、歯磨き」といった習慣付けが大切です。
ご家族そろって歯を磨くなど、楽しめる工夫があるといいですね。

「仕上げ磨き」も忘れないで、大人がしっかりとお口の衛生状態を管理してあげましょう。歯科医院での定期検診で、磨き残しがないかチェックしてもらうのもおすすめです。

この時期は、おやつの食べ方にも注意が必要です。おやつに含まれる糖が、口の中に長く留まると、歯が溶けやすくなります。

甘いおやつを好む時期ですが、飴やガムのようにお口の中に長く残るおやつは避けましょう。
ふかしたさつまいもや果物など自然の甘みを感じられるものや、噛み応えがあって唾液の分泌を増やす昆布やスルメもおすすめです。
何を食べるかも大切ですが、時間と量を決めて「ダラダラ食べない」ことが一番重要です。

4~6歳

イメージ画像

乳歯が生えそろうこの時期は、むし歯だけでなく歯並びのチェックも大切です。
適切な治療を行わないと、永久歯の歯並びや噛み合わせにまで悪い影響をもたらしますので、歯並びに気になる点があれば早めに小児歯科を受診しましょう。
また、5~6歳になると乳歯の奥に、「6歳臼歯」という初めての永久歯が生えてきます。1年くらいかけてゆっくり生えてくる歯ですので萌出に気付きにくいのですが、仕上げ磨きの際は、気を付けて磨いてあげてください。
生え始めの歯は溝が深く、汚れがたまりやすいので、細菌が侵入しないように歯科であらかじめ歯の溝を埋める「シーラント」という処置を施しておく予防法があります。
フッ素配合の歯磨き粉を使うのも、むし歯予防に効果的です。毎日のケアにデンタルフロスをプラスして、歯と歯の間の汚れを掻き出すことを意識しながら磨きましょう。ケア製品は用法や用量を守らなければ効果が減ってしまいますので、小児歯科でお子様に適したものを選ぶサポートをいたします。

小学生

イメージ画像

小学生になる頃には、乳歯が抜け始め永久歯に生え変わります。
この時期は、お口の中の状態が常に変化していますので、よく観察することが大切です。
・乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた
・永久歯が重なって生えてきた
など、少しでもおかしいなと思うところがあれば、すぐに受診しましょう。

生え変わったばかりの永久歯には、柔らかく、表面がざらざらしているといった特徴があります。大人の歯よりも汚れがつきやすく、むし歯になりやすいので注意が必要です。

乳歯と永久歯が混在していると、歯の高さがそろわないため磨きにくく、汚れがたまりやすくなります。
できることなら大人が仕上磨きをするのがベストですが、歯磨きをお子様に任せる場合でも、しっかり磨けているかチェックしてあげましょう。歯科の定期検診で、磨き残しがないか確認してもらうといいですね。

中学生 

イメージ画像

中学生になる頃には、歯の生え変わりが完了し、永久歯が生えそろいます。
生涯付き合っていく歯と真剣に向き合っていただきたい時期ですが、学校や部活で忙しくなり、お口のケアがおろそかになりがちです。

おなかが空く時期ですが、スポーツドリンクやおやつを時間や量を決めずにダラダラ摂っていると、お口の中に糖が長く留まることになり、むし歯になりやすい状態を作り出します。

また思春期に入ると、ホルモンの分泌量が変わり、歯肉の炎症が起きやすくなります。高校生になると「親知らず」が生えてくることもありますので、腫れや痛みがあればすぐに受診してください。

バランスのよい食事や規則正しい生活を心がけ、定期的に歯科でブラッシング指導やPMCTなどのプロケア(有資格者による専門的なお口のクリーニング)を受けることをおすすめします。思春期に特有の「口臭」の予防にもなります。

むし歯ができる前に歯医者さんに通いましょう

イメージ画像

はじめて歯医者さんにいって、いきなりむし歯の治療が始まると、どうでしょう?お子様に恐怖心が生まれてしまい、「歯医者さんは怖いところ」と心に刻まれてしまいかねません。

そうならないためにも、むし歯になる前から歯医者さんに通い、歯科の雰囲気に慣れ親しんでいただくことが大切だと考えています。
痛みのない「予防ケア」からはじめれば、怖がらずに口を開けてくれるお子様が多いです。

将来、生涯を通じて長くお口の健康を保つためには、子供の頃からの習慣付けが、非常に重要なカギになります。
当院ではお子様の年齢に合わせたケアや正しいブラッシングの指導を行っています。
お子様の気持ちに寄り添った治療を心がけていますので、安心してご来院ください。